男の人

贈り物で気持ちを伝える【引き出物の相場とアイデア】

電報の種類とおくり方

手紙

結婚式やお葬式などの大切な冠婚葬祭に出席できない場合など、相手にメッセージを伝えたい時に電報を打ちます。電報はそれを扱う所に依頼して伝えたいことをおくる時に利用するので、手紙や電話と違い、贈り物として利用する人が多いです。電報にはいろいろな種類があり、冠婚葬祭だけでなく誕生日や入学卒業式でも使えるのでその時の状況に合ったものをおくりましょう。結婚式などにおくられる電報を祝電といい、結婚式をイメージしたデザインのものが多数あって押し花や刺繍が入ったものまであります。他にも写真たて付きの祝電もありますので、結婚式の写真を飾ることができます。これをおく人も多いので人気です。それ以外にはぬいぐるみやローズボックスなどとセットでおくるものやデジタルフォトフレームのような高価なものも祝電として選ばれています。次にお葬式におくる電報を弔電といい、葬儀に参加することができない人が遺族の人達におくるものです。弔電は訃報が届いたらすぐにおくるようにして葬儀の前日に届くようにしてください。弔電でどのような文章をおくればいいのかわからない人は、電報サイトにある参考例があるのでそれをみて文章を作成しましょう。それでもできない場合は電報をおくる会社のサポートセンターのオペレーターに相談することができます。電報は電話と会社のサイトから注文することができるので忙しい時でも簡単に行えるので、どうしてもその場に駆けつけることができない場合は利用してみてください。